たつたあお「あのバーで待ってる」

9

アウティングしてしまった。
いや、アウティングではない。
同期の、ちょっといいなと思っていた岡田君が「佐倉さん彼氏いるのかな?」と聞いてきたから。
だから彼女行きつけのバーの名前を教えた。それだけ。

佐倉がそのバーに入っていくところは、たまたま見かけた。
しゃれた外観の店で、私も彼氏ができたら行こうと、店の名を検索した。
そして知った。そこがビアンバーなのだと。

岡田もバーを検索したのか、佐倉と会えるのを期待して店に行ったのか。
ともかく彼は、そのバーがどんなところか知ってしまった。
彼は口が軽いのが欠点だ。
翌週には、佐倉を取り巻く男たちがいなくなり、女たちも距離を取り始めた。
女子トイレでは「佐倉さんに襲われたらどうしよう」と、嘲笑混じりの囁きが飛び交う。
おとなしくてかわいいと人気だった佐倉は、社内で完全に孤立した。


昼休み、閑散としたトイレで化粧を直していると、人が入ってきた。佐倉だ。
佐倉は隣の鏡で、化粧ポーチを取り出す。
気まずい。
でも、私はバーを教えただけ。アウティングしたのは岡田だ。私は悪くない。
動揺をおさえようとしたが、口紅をぬる手が震えた。
「私の行きつけのバー、岡田くんに教えたの、竹沢さん?」
突然声をかけられ、ぎくりとした。私はそこがどんな店か知らない振りで答える。
「彼、佐倉さんのこと好きみたいだから。あの店に行けば会えるかもよって。いけなかった?」
「ううん。感謝してる」
意外に思って佐倉を見る。おとなしいはずの彼女は、見たことのない不敵な笑みを浮かべていた。
「男たちが群がってくるの、ウザかったから」
そう言いつつ、本心では怒っているのか。佐倉は挑発的なまなざしで私を見上げる。
「竹沢さんって、岡田君が好きなの?」
「そんな訳じゃ……」
アウティングのことも、その動機も。彼女にすべてを見透かされたようで口ごもる。
逃げ出したいのに、佐倉の瞳に射すくめられ動くことができない。
彼女は一歩踏み出し、私の肩に手を置いた。唇が近づいてくる。
「あんな男のどこがいいの?」
熱い唇と囁きが耳に触れ、心臓が早鐘を打ち始める。顔が熱い。自分の体の反応が信じられなかった。
「今夜、あのバーで待ってるから」
にやりと笑って出て行く佐倉を、私は呆然と見送ることしかできなかった。

作家コメント
ちょっと大人っぽい社会人百合を書いてみました。
参考 たつたあお作者Twitter
無断転載・複製・翻訳を禁止しています!
当サイト内のすべての絵と文の転載はご遠慮ください。 無許可の転載、複製、転用等は法律により罰せられます。発見した場合は使用料を請求させていただきます。
9

コメントを残す