おおきたつぐみ「プリズム」

昼休みのオフィスは閑散としていた。
コピー機から吐き出される資料を見ながら、とりあえず今のところはうまくやれていると思った。今日は経営会議での発表があり、朝イチで最終資料を部長に説明し、会議に出席、その後は先月の営業速報値をまとめた。午後はその資料を使ってミーティングだ。
その時、後輩の佐伯凛がコーナーにつかつかと入ってきた。
「河野先輩、なんかあったんですか」
と、ふいに言うから、びっくりして凛の顔を見つめた。相変わらず無表情だ。
「先輩はいつも始業30分前には来ているのに、今日は遅刻ギリギリでした。お昼も食べてないですよね。目も赤いし」
瞼の内側に涙が溜まるのがわかった。下を向いたがこらえきれず、涙が床にぽとぽとっと落ちて、黒く染みを作った。
「……飼っていた文鳥が、今朝急に死んじゃったの」
話し出すとどんなに抑えようとしても声が震えた。

飼ってまだ1ヵ月の幼い桜文鳥だった。昨夜まで元気だったのに、今朝、突然足が立たなくなっていた。手のひらに乗せてさすり、「木の葉(このは)!」と名前を何度も呼びかけると一度目を開けて小さく羽ばたき、そのまま静かに死んでしまった。
信じられない思いでタオルでくるみ、ケージ内に横たわらせた。何が悪かったんだろう、なぜ急に死んでしまったんだろうと考えながら出社し、仕事をこなした。
うまくやれていると思ったのに──凛は気づいていた。
目元を拭って背の高い凛を見上げると、彼女は唇を噛み、涙を目に溜めていたのでまた驚いた。
「そんなことがあったのに、仕事してたなんて。
もう今日は帰って、思う存分泣いてください。課長にはうまく言っておきます」
一気にそう言うと、凛は目をこすった。
「課長に怒られちゃうよ」
と呟くと、凛は苦しげに首を振った。
「私は動物を飼ったことがないので、河野先輩の悲しみを全部は理解できていないと思います。──でも、私は先輩の味方でいたいです。後は私に任せてください」

凛は、数的なセンスが抜群だがいつも無表情で無愛想で、何を考えているかわからなかった。言葉選びが下手で、誤解を生じることもあるから裏でフォローが欠かせない「手がかかる後輩」だった。
でも今は──凛に私は救われていた。
私を責めるのでもなく、鳥ごときにと呆れるのでもなく、ただ私の悲しみをわかろうとしてくれる凛に。

木の葉を初めて家に連れ帰ったとき、見慣れた自宅がきらめいて見えた。会社と自宅の往復だけだった日常に、プリズムのような輝きをくれた小さな命。
凛もまた、業務をこなすだけの忙しないオフィスの中で、きらめきを放つ存在なのかもしれなかった。
──ただ私が気づかなかっただけで。

参考 おおきたつぐみ作者Twitter
無断転載・複製・翻訳を禁止しています!
当サイト内のすべての絵と文の転載はご遠慮ください。 無許可の転載、複製、転用等は法律により罰せられます。発見した場合は使用料を請求させていただきます。

コメントを残す