ヘタノヨコヅキ「どこが好き?」

7

「アンタたちさ、そこ、邪魔なんだけど」


それは、中学生になってから数日後。
友達と廊下で話していた私に、その人は突っかかってきた。


「なんですか?」
「『なんですか?』じゃなくて、邪魔って言ってんの。わかる?」


その人は、一つ上の先輩。
目つきが悪くて、制服の着方は『いかにも』って感じ。たぶん、ギャルとかそういうの。
ギロリと私を睨む先輩に、一緒にいた友達は怯えてた。

――でも、私は怯えてなんかない。


「なんで私たちがどけなくちゃいけないんですか。道はあいてるんですし、迂回したらいいと思いますけど」
「ここはアンタたちの廊下なワケ?」


私たちは、先生が通りかかるまでずっと、睨み合い続けた。


「ねぇ、ちょっと待って」


先輩は自分の額を指で押さえながら、いかにも『頭が痛いです』って顔をしてる。
私は先輩の部屋でのんびりとくつろぎながら、先輩のお母さんが用意してくれたオレンジジュースを飲む。


「アタシはさ、アンタがアタシのどこを好きになったのか訊いたよね? なのに、何でアタシたちにとって最悪だったはずの出会いを話始めたワケ?」
「初対面のときに先輩のことを好きになったからですけど……変ですか?」
「あの出会いで? ウソでしょ?」


先輩はヤッパリ、頭が痛そうな顔のまま。……どうしたんだろう、風邪かな?


「あのときの先輩、すごくトゲトゲしててめちゃくちゃカッコよかったんですよ!」
「アタシたち睨み合ってたのに?」
「恥ずかしくて目を逸らしたかったんですけど、先輩が私のことをジッと見つめてきたから……っ」
「そういうシーンじゃなかったと思うなぁ」


理解できないとかなんとか、先輩がぼやいてる。
そんなぼやきに、先輩が一言付け足した。


「まぁ、アンタのそういうワケわかんないところが……アタシは好きなんだけどさ」


私は、思わず息を呑んだ。

――先輩こそ、私のどこを好きになったんですか?

そう訊く前に答えちゃうなんて……先輩は、ズルい。

作家コメント
凸凹な二人って、可愛いと思います……!
参考 ヘタノヨコヅキ作者Twitter
この作品が気に入ったら、ギフトを贈ってみませんか?15円~贈れます❤
7

コメントを残す