おおきたつぐみ「なにものでもない恋」

「私、あなたのファンです」
そんなこと言われたのは生まれて初めてだった。
なにものでもない私の描いた絵を、見つけてくれた。
まるで、地底に突然射し込んだ光みたいだった。

幼い頃からひたすら描いて描いて、予備校まで行って美大にようやく入れたけれど、そこは自分とは段違いの才能たちの集まりだった。劣等感とちょっとの浮上を繰り返して4年が過ぎ、予想通り就職には失敗した。華々しい場所に飛び立つ子、夢を抱いて海外に武者修行に行く子、いきなりフリーで勝負に出る子。
才能のようなもの、しかなかった私はなにものにもなれず、行きつけだったカフェの店員になりながら、それでも捨てきれない創作欲で絵を描いていた。
絵は、私の状況を知る優しいオーナーが額装して飾ってくれたけれど、ただカフェの風景に溶け込んだに過ぎなかった。
それなのに、彼女は気づいてくれたのだ。私の絵に。
 
「誰の絵かオーナーに聞いたら、あなたが描いたって教えてくれたの」
濃い色のパンツスーツを着て、長い髪を後ろでひとつに束ねた綺麗なお客さん。近隣のオフィスに勤めているのか、たまに来店する時はいつも一人で、忙しそうにノートパソコンで何かを入力しながら黙々とランチを食べる。注文とお会計の時くらいしか、話したこともなかったのに。
「もっとあなたの……上島さんの絵が見たいです」と彼女は私の名札に目を走らせて笑顔で言って、多田ほのみと書かれた名刺をくれた。
その後も来店するたび彼女は私に絵を見せてと言ってくれたので、やがて以前の作品や、新作も見せるようになった。
毎回決まって言ってくれる「亜季ちゃんの絵、私やっぱり大好き」という言葉を聞きたくて、私は毎晩スケッチブックを広げた。

今日、私はまた絵を見せる。
数日かけて初めてほのみさんを描いた絵。私は人物画は得意ではないけれど、どうしても描きたかった。
なにものでもない私は、きちんとした会社に勤め、キャリアを築いている彼女を好きになる資格もないと思う。
だけど、絵を描くのを辞められないように、彼女を好きになるのも止められなかった。
どうか好きでいさせて、あなたを描かせて。
今はそれ以上は望まないから。

参考 おおきたつぐみ作者Twitter
無断転載・複製・翻訳を禁止しています!
当サイト内のすべての絵と文の転載はご遠慮ください。 無許可の転載、複製、転用等は法律により罰せられます。発見した場合は使用料を請求させていただきます。

コメントを残す