新條にいな「どきどきエクスペクテーション」

会いたいけど会いたくなかった。
だって咳をしてるし鼻はずるずるだし、話したくても声がうまく出せないし。
『風邪をひいちゃった』と連絡する以上は『お見舞いにいきましょうか』という言葉を期待してしまうし。
その癖その言葉を引き出せたところで『あぁ、言わせちゃった』って思うだろうし。
だからいい。いい。いいんだ。
わたしは実乃李(みのり)ちゃんに何かしてもらおうなんて思ってない。
ただ見てるだけで幸せって思うことにしてるんだ。
と、思っていたのだけど。

「なんで言ってくれなかったんですか?」

そうしたら、あなたを好きだってことがばれちゃうでしょ。
……などと言うこともできず、わたしは実乃李ちゃんを見上げる。
つまりわたしは、実乃李ちゃんに言えないことばかりなのだ。
それは、さっきからままならない呼吸よりも、もっと辛い。

「つらいです」

だけど、実際に『つらい』と口にしたのは実乃李ちゃんの方だった。
ただのバイトの先輩と後輩なのに、こんなことを言われたら、バカなわたしはつい期待してしまうから、やめてほしい。
 
「期待して、待ってたんです」

話が見えなくなってきた。一体彼女は何を期待していたのか。

「バイト中にスマホ、二十回は見ました。
私から連絡したら、先輩はきっと『うつすからいいよ』って言うだろうから。
だから今日休んだ理由、先輩から言ってくれるの、待ってたんです。
そしたらいきなり押しかけようって」
「……よくそんなに見られたね」
「それくらい待ってたんです。でも来なかったから。勝手に来ました」

そこまで言うと、実乃李ちゃんは、エコバッグをテーブルに置く。
そこからは、風邪を引いた人間に適していそうな食べ物がのぞいている。

「今日帰らないので。意味、わかりますか?」

わかりません。期待してもいいんでしょうか。
この期に及んで臆病なわたしは返事に迷い、しばらくしてやっと『わからないけど嬉しい』と言おうとした。
だけどその瞬間、わたしの唇はふさがれる。実乃李ちゃんの唇に。

「これでもう、うつる時はうつりますから。いいですね?」

もしかして、期待してもいいんでしょうか。
わたしは勇気を出して手を伸ばす。
すると実乃李ちゃんは、むすっと不満そうに、でもぎゅっと手を握って受け入れてくれるから、可愛いなと思った。

参考 新條にいな作者自サイト
作家コメント
よろしくお願いいたします!
無断転載・複製・翻訳を禁止しています!
当サイト内のすべての絵と文の転載はご遠慮ください。 無許可の転載、複製、転用等は法律により罰せられます。発見した場合は使用料を請求させていただきます。

コメントを残す