いなばー「”愛してる”は取っておき」

教室に跳び込んできたアヅキが、自分の席にいる私目指して一直線に駆けてくる。毎朝のことだ。

「タカオ、愛してるーっ!」
「やめろ」

抱き付こうとしてきたのを片手で阻止する。
顔面を鷲づかみにされてもアヅキはめげない。

「もー! おはよーのハーグー! いつものよーにー!」
「そんな習慣はない」

しばらく押し合いをした後、ようやくアヅキは諦めた。

「なんで毎朝そうなの?」

言ったのはアヅキだ。私こそそう言いたい。
さらにアヅキが続ける。

「愛してる人とハグできたら、一日頑張れるの! 授業中も起きてられる! なのに、なんでなの!?」
「アヅキのハグはヨコシマなんだよ。変に鼻息荒いし、やたら撫で回してくるし」
「だって、愛してる人と抱き合うんだよ!? 興奮するのが普通でしょ!」
「友達相手に興奮すんな。友達に愛してる愛してる言うのもおかしいし」
「愛してるんだから愛してるって言うのは当然じゃない!」

熱弁するアヅキに向かって、私はうんざりですを見せ付けるため息をつく。

「アヅキの愛してるはね…………軽い」
「軽い!?」

アヅキの華やかな目に涙が浮かんだ。
しかし、私は追撃を加える。

「いつでもどこでも愛してる。そんなスナック感覚の愛してるなんて、全然心に響いてこない」
「でも……言わないと伝わらないし……」
「だからって、しつこく言えば伝わるってもんじゃないから」
「……そうなんだ」

うなだれたアヅキは見てられないくらい弱っていた。
やっぱりこの子はちゃんと言わないと分からない子なんだ。

私はそっと席を立った。
両手をアヅキの両脇に入れ、そのまま背中に回す。
ぎゅっと抱きしめる。

「タカオ?」

不安げな声。
私はアヅキの耳元で、誰にも聞こえない声でささやく。

「愛してる、アヅキ」

少し身を引いてアヅキと向き合うと、向こうは驚いた顔で何度もまばたきしていた。

「どう、アヅキ。この方が伝わるでしょ?」
「……うん」

そしてだめ押しのキスを私から。

参考 いなばー自サイト
作家コメント
温度差のあるふたりです。

コメントを残す