久良伎「ここにいて」

2

—-わたし、ここにいたらめいわくですか?

そう聞くと、大きなひとたちはみんな、こまった顔をしました。それは、ちがうよって意味じゃなくて。この子はどうしてそんなこと聞くんだって、やめてほしいって、そう思ったからなんです……たぶん。


目をさました時、ぱぱとままはもう、いなくなっちゃってて。どこにいけばいいかわからなかったわたしは、色んなひとのお家につれていかれました。こわい顔をしたおばさんのところ。夜になると、いつもわたしの名前をだしてけんかするひとたちのところ。わたしと同じくらいの子がいて、ふたりとも仲よくねって言うけど、わたしのいないところで、ごめんねって、その子にいつもあやまっているひとたちのところ。

「ったく、なんだろうねあの子は」
「仕方ないだろ、だってあの子は……」
「ねぇわかって、あの子はね……」

みんな、わたしがいると、かなしそうでした。

 *

たばこと、香水のにおいでいっぱいのお家に住むようになってから、一カ月くらいたちました。わたしをあずかってくれているその女のひとは、こわそうな男のひとをつれてくることがあって、そういう日は、わたしはよくねむれませんでした。そしてある日、小学校からの帰り道。お家に帰りたくなくて、公えんのベンチでぼうっとしていると、いつのまにか寝ちゃったんです。


「あ、起きたかな?」
目をさますと、わたしの横にはひとりのおねえさんがすわっていました。おねえさんは、わたしがひとりで寝ていて心配だったから、見ていてくれたそうです。わたしはわるいことをした気持ちになって、あやまりました。
「え、ううん、全然いいんだよ」
おねえさんは笑ってそう答えて、あたまをぽんぽんとなでてくれました。


「むしろさ」
しばらくして、おねえさんはこう言ったんです。

「私がここにいて、迷惑じゃなかったかな?」

ほら、友達とか、親御さんがさ—-そうつづく言葉をさえぎって。わたしはおねえさんのむねに飛びこみ、たくさん泣いてしまいました。

おねえさんはなにも聞かず、わたしが泣きやむまで、ずっとそばにいてくれました。

作家コメント
ここにいたい。ここにいてほしい、というお話でした。
参考 久良伎作者Twitter
この作品が気に入ったら、ギフトを贈ってみませんか?15円~贈れます❤
無断転載・複製・翻訳を禁止しています!
当サイト内のすべての絵と文の転載はご遠慮ください。 無許可の転載、複製、転用等は法律により罰せられます。発見した場合は使用料を請求させていただきます。
2

コメントを残す