新條にいな「悪いおねがい」

私が体調を崩したと言って保健室に隠れたら、それが私たちの合図なのだ。
私は白いカーテンの内側に入り、ベッドに横たわって目を閉じる。
すると、伶奈(れな)さんがやってくる。
そして、眠ったふりをする私に優しくキスをしてから、長く伸ばした私の髪の毛をそっとよけ、私の血を吸うのだ。

〝無償でお願いなんてしないわ。
 一度血を頂く度に、貴方のお願いを一つ聞いてあげる”


私に正体を打ち明けたその日、伶奈さんはこんな提案をした。
伶奈さんのような美しい吸血鬼に血を捧げるだけでなく、お願いまで聞いてもらう。
それは夢のようなことに思えた。

私の頭には即座に様々な欲求が浮かび、でも、それは果たして叶えてもらってもよいものかと迷った。
たとえば悪いお願いをしたら、伶奈さんは去ってしまうのでは思ったのだ。

「キスがしたいの?」

ようやく私がお願いを口にした時、伶奈さんは『そんなことでいいの?』と、不思議そうな声音で尋ねた。
私は黙って頷き、今日に至る。
私は昔から感情を表現するのが苦手だ。
だから伶奈さんには、今も私が、無償に近いお願いで血を提供している、危篤な女に見えるらしい。

「貴方が良い子でよかった。
 あの日本当は、いけないお願いをされたらどうしようかと思っていたの」

今日もたっぷりと血を吸ったあと、伶奈さんは唇についた私の血を指で拭い、舐めながら言う。
いいえ、私は悪い子です。
だって、私は伶奈さんが他の子の血を吸うなんて耐えられないから、献身的なふりをして、興味のなさそうな無表情を装って、あなたの訪れを心待ちにしているんです。

「……伶奈さん」
「なあに?」
「もう少し、血を吸って行ったらいいんじゃないですか」
「じゃあ、お願いももう一回聞かないとね」

さっきまで私の首筋に噛みついていた唇が近づき、私はそっと目を閉じる。
私のお願いはいつまで聞いてもらえるだろう。
考えるのも怖いから、私は黙ってその背中にしがみついた。

参考 新條にいな作者Twitter
作家コメント
よろしくお願いいたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。