唯之凪「一過性恋愛症候群」

好きだ、なんて気持ちは最初は全然なかった。

いつものように呼び出された放課後。
いつものようにされた告白。
それを私の気まぐれで受け入れて始まったのが、この関係の始まりだった。
知っている。
この子の思いはただの憧れだってこと。
きっとそれは一過性のもので、いつか飽きられてしまうんだろうってこと。

「先輩? 何かありましたか?」
「え? ああ、いや。特になんでもないよ」

そう言って微笑んで見せれば、彼女は頬を染め、何事かを叫びながら身をくねらせる。
正直に言ってしまえば少々気持ち悪いところもあると思っているのに、この気持ちは何なのだろうか?

きっとこれは、他の人たちも感じているような一過性の何か。
そう思うことで気持ちを落ち着かせているけれども、それでも。

それなのに、私はこの子に恋をした。
わかっていたのに、恋をした。

けれども気づけば、私は子のこのことが好きになって。
一緒にいれば目で追って、気づけば微笑を返している。

知っている。
この子の思いはただの憧れだってこと。
きっとそれは一過性のもので、いつか飽きられてしまうんだろうってこと。

それが今は酷く怖くって、いつでも私は怯えている。

いつからこの子ときちんと目を合わせて話せなくなっただろうか?
いつからこの子の吐き出す一言目に、怯えるようになっただろうか?

こんなの私らしくない。わたしらしくないとは、思っているのだけれども……。

「先輩!」

そう言って微笑むこの子の表情がたまらなく愛おしいと。
離してしまいたくないと何度も、何度も。

コメントを残す