新條にいな「こんにちは、私のアイドル」

 高校二年の修学旅行はいまいちだったが、依里(より)ちゃんと過ごせたことは嬉しかった。
 クラスも班も部屋も違う依里ちゃんは、初日の夜、こっそり私を呼び出した。
 依里ちゃんは私のヒーローだった。
 本人は自分のことをたいしたことがないと言うけれど、依里ちゃんはいつも私をワクワクさせた。それから、人を大切にするのもうまかった。クラスが別々なせいで淋しい思いをしていた私に『忘れてないよ』と言うように、こんなことを打ち明けてくれたのだ。

「私さ、学校やめることにした」

 深夜一時の静かな旅館の壁によりかかって、依里ちゃんは二ヒヒと笑う。

「アイドルになりたいの。なれるかわかんないけどね」

 これを聞いた時、私は天職だと思った。
 依里ちゃんは知的で、いつもさりげなく周囲に気を配り、問題が起きた時はできるだけ全員が得をする方法へ導いた。
 そんな彼女がアイドルになったのなら、一緒に働く人も、彼女のファンも、間違いなく幸せになると思ったのだ。

「アイドルになったら会いに来て。あとさ、それまではこのこと秘密にしといてね」

 そう言って依里ちゃんは上京していった。
 私は当然彼女との約束を守り、その代わりにオーディション情報サイトを見た。 
 私は依里ちゃんが受けるオーディションを必ず当てなくてはならない。
 約束を守れなくなってしまうからだ。

「……早くない?」

 こうして私は、見事的中させた。
 今日本で一番人気のあるアイドルグループのオーディション会場に、無事たどり着くことができたのである。

「まだ合格してないんだけど……」
「だって絶対、受かるもの」

 依里ちゃんはこれから、みんなのアイドルとなる。
 であれば私は、それを最初に祝う人になりたい。仮に予想が外れたとしても、依里ちゃんが私のヒーローなことに代わりはない。ヒーローを応援するのは、ファンの役目だ。

「亜衣がそういうなら、そうなのかも?」

 依里ちゃんが照れたように笑い、それから私の手を握る。
 私はそれをぎゅっと握り返し、その瞬間、依里ちゃんの輝かしい未来が見えた気がした。

参考 新條にいな作者WEBサイト

コメントを残す