たつたあお「夜の蝶のお気に入り」

12

「もう、やめようよ」

テーブルの向こうで、真由が泣きそうな顔をした。

「綾ちゃん、友達無くすよ」

まるで、自分が社会からはじき出されるのを怖れるみたいに、真由は必死に私を説得する。

孤立しかけているのは、私の方だというのに。
真由は本当に純粋ないい子だ。

「別にいいよ。真由がいれば」

ワインを飲み、窓の外を見やる。
眼下には、きらびやかな東京の夜景が広がっていた。

普通の女子大生はまず来られない、高級フレンチ店。
ここに真由を連れてくるのは四回目だ。
最初、とまどいつつも喜んでいた彼女は、回数を重ねるにつれ、不安げな顔をするようになった。

今日は、前菜にすら手をつけない。
不潔なものでも見るように、皿から目を背けている。

真由が着ているのは、薄ピンクのワンピースとファーティペット。
ここに来る前、無理やり買い揃えてやったものだ。
私のかわいいお人形には、ピンクやファーがよく似合う。

支払いは「パパ」にもらったクレジットカードを使った。もちろん、このディナーの会計も。
一度覚えたらやめられない。
いくらでも贅沢させてくれる、魔法のカード。

「でも、だめだよ綾ちゃん。パパ活も、友達紹介するのも、やめよう?」

パパ活で覚えた贅沢は麻薬だった。
ブランドのバッグに高級ディナー。
パパたちと会うだけで、それらがふんだんに与えられる。
ひとたび知ってしまえば、元の生活水準には戻れない。

私は、自分は頭がいいと驕っていた。
指一本触れさせず、若さと美貌だけでパパたちを手玉に取っていると勘違いしていた。

でも、それは彼らの罠だったのだ。
彼らは、私を贅沢で飼い慣らしたあと、二者択一を迫った。
体を捧げるか、それとも友達を紹介するか、どちらかを選べ、と。

私は後者を選択した。
知り合いの女の子を次々パパたちに紹介し、贅沢な暮らしに染めていったのだ。

「やめない。私、真由にいい思いをさせてあげたいの」

前菜のテリーヌをフォークで取り、真由の口元に運ぶ。
彼女は口を引き結んでかぶりを振った。

「綾ちゃんと一緒なら、私は学食の牛丼だっておいしいよ」
「きれいごと言わないで。わかるでしょ。A5ランクの肉と安い肉は違うのよ」

黙り込んだ真由の口に、テリーヌをねじ込む。

「ね、おいしいでしょ? 私、真由に贅沢させてあげる」

贅沢に慣れさせ、私から離れられなくしてあげる。
そのためには、どれだけ他の女の子を踏みつけにしてもかまわない。

口に入れたテリーヌを、真由はゆっくり咀嚼し、飲み下した。

参考 たつたあお作者pixiv
無断転載・複製・翻訳を禁止しています!
当サイト内のすべての絵と文の転載はご遠慮ください。 無許可の転載、複製、転用等は法律により罰せられます。発見した場合は使用料を請求させていただきます。
12

コメントを残す