麻子「インタージュ1」

0

「インタージュ」はインタージュニア・パーティーのこと。学校を越えて他校の女の子と知り合える。数年前に大学生のレズビアン・サークルの人たちが始めたらしく、私が初めて参加したその会でも女子大生風のちょっとイケてるかんじのひとが司会をしていた。
レンタルスペースに集まっていたのは10人の中学生。さすが、紹介がないと参加できないとあってみんな可愛い子ばかり。
あくまで「女の子同士の集い」という趣旨で、スカートあるいはワンピース着用が必須となっている。私はあまり考えずにデニムの膝丈フレアスカートで来たけれど、ほかの女の子たちはお嬢様風ワンピやら有名校生徒であることを誇るようにセーラー服だったり。そう、ここは女の子同士の恋人を見つけるパーティーなのだ。私に教えてくれたのは、学校の部活の先輩。私が可愛い妹と付き合いたがっていると知って、紹介してくれたのだ。
部屋では低くて柔らかいソファにロの字になって座る。変な話、向かい合わせだとスカートの奥に白いものがちらっと見えてしまったりする。あっ、これも仕掛けなんだな、と私はすぐに思った。
一通り自己紹介が済んだ後、紙が配られて「第一印象チェック」というのがあった。司会のひとが「もっと仲良くなりたい子や一番かわいいな、と思った子の番号を書いてくださいね」
そんな。目移りする。みんな素敵でどの子ともデートしたりキスしたりしたい。
でも私は思い切って一人の女の子の番号を書いた。5番の色白、小柄な女の子。ポニーテールにミニ丈のシャツワンピで、素敵な女の子と出会えたら一緒にプールに行きたいと言っていた中一。プール素敵! 更衣室であの子がショーツを脱ぐ姿を見てみたい!
(つづく…?)

作家コメント
ミニスカートが似合うのはローティーン。そんな少女同士の恋、応援したいですよね!
この作品が気に入ったら、ギフトを贈ってみませんか?15円~贈れます❤
0

コメントを残す