なん全かも「プロポーズ」

2

「恵里、最近、いい人いた? この間言ってた会社の先輩とか」
「だめだめ。女の人が好き、と飲み会で話してたから期待したけど、あっさり彼女持ちだと判明。出動前に玉砕しちゃった。そっちは?」
「こちらも同様。素敵な人はいるけど、みんなノンケ。友だちにはなれるけど、その先に期待できないと思うと、無理して仲よくならなくてもいいかな、と思う」
「ねえ、女同士の恋愛と、友だちづきあいの違いってなんだっけ」
「ええ? 相手を好きかどうか、とか」
「わたし、景子のこと好きだよ。でも、わたしたち、友だちだよね」
「そうか。じゃあ、恋愛の好きか、どうか」
「恋愛の好きって、どういう好き?」
「うーん、相手を独占したい、とか?」
「友だちでもそういうこと言う子いるよね。他の子と仲よくしないで、なんて。わたしは景子にそんなこと言わないし、景子も言わないけど」
「友だちの恋は応援できるけど、恋人の浮気は許せない」
「恋人のほうが友だちより心が狭いのか」
「自分の心を狭くするのが恋かもしれない」
「女同士だと、パートナーが女友だちと会うのもいやがるとか、ありそうだね」
「恵里の恋人があたしと会ったらだめ、と言ったら、それはそれでかまわないから」
「人の友情に文句言う子は、こっちから願い下げ」
「あら。あたし恵里に愛されてる?」
「友だちじゃん。恋愛は一時の感情かもしれないけど、友情は永遠に不滅だよ」
「名セリフだね。ねえ、恵里、悪いけどティッシュ取ってくれる」
「あ、ごめん。はい」
「ちょっと体冷たくなってきちゃった」
「わ、ほんと。景子冷たい」
「恵里の体はまだあったかいね」
「友だちのために、あっためておきました。景子、もっとくっついていいよ」
「ありがと。ねえ、恵里、あたしとずっと友だちでいてくれる?」
「こんな女で、よろしければ」

この作品が気に入ったら、ギフトを贈ってみませんか?15円~贈れます❤
2

コメントを残す