たつたあお「残されたエフェメラ」

二股が発覚したとき、莉奈は言い訳をしなかった。

「やっぱり結婚したい。子どもが欲しいんだ」

きっぱりとそれだけを言った。
一縷の望みをもって、相手の男性が本当に好きなのかと問うと、莉奈はあっさり「好きだよ」と答えた。
せめて、私にはどうすることもできない理由で、捨てられたのだと思いたかったのに。
その希望も断たれてしまった。

「希子への『好き』とはちょっと違う。でも、彼とは家庭を築いていけるって思ったの」

逆に言えば、私との将来は思い描けなかったということだ。

「最後にわがままを言っていい?」

一緒に暮らした部屋を引き払う日、莉奈は私にスクラップブックを差し出した。

「これ、持って行けないし、希子との思い出が詰まってて、私には捨てられないから。希子に処分してほしいの」

莉奈の去ったがらんどうの部屋で、私はひとりスクラップブックをめくった。

一緒に観たミュージカルの半券。絵はがき。プレゼントの包装紙の切れ端。
本来なら、役目を終えるとすぐ捨てられてしまうものたち。
こういうものを「エフェメラ」というのだと、付き合い始めの頃、莉奈が教えてくれた。

「儚いからこそ、愛しいよね」

付き合っていた三年間、莉奈はエフェメラを収集し続け、そしてまとめて捨てていった。
私と、私との思い出も一緒に。

エフェメラをひとつ残らず破り捨てたら、少しは気持ちが晴れるだろうか。
私は最初のページから、ショップカードをはがした。
今でもよく覚えている。はじめてデートした店のものだ。

カードを破ろうとして、裏の書き付けに気がついた。

『何年後もずっと、希子と一緒にいられますように』

私は憑かれたように、次々エフェメラをはがしていく。
すべてに莉奈の言葉が残っていた。
いつか来る終末を予感しながら、それでもふたりの永遠を祈る──そんな言葉が。

最後のエフェメラは、二股を問い詰めた時の、カフェのポストカードだった。

『ごめんね、希子。私の一生で一番愛しい三年間だった。今までも、これからもずっと』

私は窓を開け、裸足でベランダに飛び出した。
周囲を見回しても、もう莉奈の姿は見えない。

「莉奈……」

涙が頬を伝い、ベランダのコンクリートにぽたりと染みができた。

いまごろ莉奈は、もう電車に乗っている。
エフェメラと私を残して、彼の元に向かっている。

作家コメント
大人の女性たちの悲しい別れを書きました。
参考 たつたあお作者pixiv
無断転載・複製・翻訳を禁止しています!
当サイト内のすべての絵と文の転載はご遠慮ください。 無許可の転載、複製、転用等は法律により罰せられます。発見した場合は使用料を請求させていただきます。

コメントを残す