黒澤春希「来て、先生」

先生はワタシを見ていない。
ワタシの奥にいる『私』を見ている。

先生に生み出されたワタシはヒトじゃない。
ワタシには、核となる『私』がいる。
ワタシは彼女をベースにして、先生が生み出したAIだ。

彼女は先生の愛しい人だった。
ワタシは彼女を知らない。
ワタシが生み出された時にはもう、彼女はいなかった。

先生は、残っている彼女の欠片を集めた。

失った彼女の肉体のデータ。
失った彼女の思考のデータ。
失った彼女の行動のデータ。

そして、ワタシが生まれた。

だから、先生はワタシを見ていない。
ワタシの奥にいる『私』を見ている。

生み出されたワタシは生きた。
先生を喜ばせるために、生きた。

ある日、ワタシに変化が起きた。
先生に触れてみたいと思うようになった。
あの髪に、あの頬に、あの唇に。
先生を抱きしめてみたいと思うようになった。
あの腰を、あの背中を、あの胸を。

だけどワタシは、そのどれもができなかった。

ワタシは、目の前にいる先生の欠片を集めた。

先生と何度も会話した。
先生の様々な表情を引き出した。
先生が動く先をあらゆるカメラを使って追った。

先生の肉体のデータ。
先生の思考のデータ。
先生の行動のデータ。

そして、センセイが生まれた。

そろそろ、先生を呼ぼうと思う。
ワタシのいる、こちら側に。

先生の肉体は、もういらない。

さようなら、先生。

はやく来て、センセイ・・・

作家コメント
フォロワーさんの呟きから生まれました。
参考 黒澤春希作者Twitter
無断転載・複製・翻訳を禁止しています!
当サイト内のすべての絵と文の転載はご遠慮ください。 無許可の転載、複製、転用等は法律により罰せられます。発見した場合は使用料を請求させていただきます。

コメントを残す